Xcode にプロジェクトテンプレートを追加する方法 (Swift)


cd8993e4a59ab8944e6e148e4610db2e-640x406

アプリを作成し始めるとき、プロジェクトテンプレートから Single View Application などを選択して作成を開始すると思いますが、私は Storyboard を使わないでアプリを作成することが多いため、毎回 Storyboard を消して AppDelegate を修正し Info.plist を修正するといった作業がルーチン化していました。これは面倒だということで、初めから自分好みの記述がしてあるテンプレートを作ったので方法をメモしていきます。
続きを読む

Swift で文字列からクラスを生成する方法

  • 2014年12月02日
  • Swift

NSClassFromString を使います。

Swift で Class から Class 名の文字列を取得する方法

  • 2014年12月01日
  • Swift

クラス名を文字列として取得したい場面が出てきたのですが、Objective-C では簡単に出来たことが Swift が同様の形ではできなかったのでメモ
Objective-C

Swift

Swiftで自分のクラス名を表示する方法
こちらが参考になりました。ありがとうございます!

Swift で delegate (デリゲート)を使って View を閉じた時にイベントを発火させる方法

  • 2014年11月18日
  • Swift

2014-11-17_18-20-23

ある View から modal で View を出現させ、何か処理をおこなった後に modal View を閉じたあと、元の View でイベントを実行する場合、 delgate を使うことにしました。
iOS で元から用意されている delegate は何度も使ったことがあったのですが、自分で delegate を作っていくのは初めてだったので、delgate の書き方について方法をまとめました。
続きを読む

Swift で JavaScript の setTimeout 的なことをする方法

  • 2014年11月14日
  • Swift

2012-11-22_23-20-17

先日、Swift を書いているときに setTimeout のような処理を書きたくなり方法を調べてみたところ、似たような処理があったのでメモします。
Swift には Objective-C と同様に NSTimer というものが用意されており、この関数を使うことで setTimeout とほぼ同じ動きを実現できました。
実例はこちら↓
続きを読む

Storyboard なしで AutoLayout を簡単におこなう PureLayout を使ってみた

  • 2014年11月10日
  • Swift

2014-11-07_16-18-47

iOS の AutoLayout はレイアウトをするにあたり非常に便利で強力な機能ですが、Storyboard とコードを行ったり来たりしながら修正をするのはやはり手間があります。そこで Storyboard とコードとの行き来を無くすべく AutoLayout をコードで簡単に表現することができる PureLayout を試してみました。
続きを読む

Swift で Objective-C ファイルを読み込む方法

  • 2014年11月07日
  • Swift

2014-11-07_11-29-20

Swift で Cocoapods 等でインストールした Objective-C のファイルを読み込む際に必要な処理をまとめました。色々とやり方はありますが出来る限り Xcode の機能を使って自動的におこなうことができる方法を紹介します。
それでもまだ少し手間なのでもっと良い方法をご存知な方がいらっしゃいましたら教えていただければ幸いです。

続きを読む

libPods.a が赤字になっているときにやること


2014-05-26_18-11-25

CocoaPods を利用したアプリケーションを作成し、 xcworkspace ファイルからプロジェクトを開くと libPods.a ファイルが赤字になっていることがあります
このままにしていても開発する分には支障はありませんが、Archive することができないためこれを回避する手順を下記に記載します

続きを読む

Xcode プラグインを管理するプラグインとおすすめ便利プラグインの紹介


JDPluginManager

Xcode のプラグインを管理するプラグイン

  • JDPluginManager でプロジェクトをダウンロード

  • 起動し Command + B キーでビルド

  • Xcode を再起動

以上で Xcode メニューに Plugins という項目が表れるので以降はこちらからプラグインのインストールやアップデート、アンインストールをおこなうことができる
新しいプラグインをインストールするには
Plugins -> Install a new plugin… を選択し
2014-05-09_15-52-14
git リポジトリの URL を入力して Install ボタンを押すだけでインストールできます

VVDocumenter

/// と入力すると JavaDoc 風のコメントになる
https://github.com/onevcat/VVDocumenter-Xcode

コメント入力が非常に便利になるのでおすすめです

KSImageNamed-Xcode

UIImage のファイル名補完をおこなう
https://github.com/ksuther/KSImageNamed-Xcode

ファイル名の補完がおこなわれる他、プレビューもしてくれます

LIN

NSLocalizedString の入力をサポートする
多言語化をおこなっているアプリならあると便利
https://github.com/questbeat/Lin-Xcode5

XLog

コンソールログに色付けをおこなう
https://github.com/Maxwin-z/XLog5

FuzzyAutocompletePlugin

Autocomplete 機能をより強力に
https://github.com/chendo/FuzzyAutocompletePlugin

SCXcodeMinimap

SublimeText 風ミニマップ
https://github.com/stefanceriu/SCXcodeMiniMap

Xcode に新しいフォントを追加する方法


カラーテーマファイル(.dvtcolortheme)を

~/Library/Developer/Xcode/UserData/FontAndColorThemes  

に保存すると
Xcode -> Preferences -> Fonts & Colors から選択できるようになる

参考: カラーテーマファイルを用いてXcodeのエディタのカラーをカスタマイズする